load

堺パートナーズ法律事務所

不動産問題

このようなお悩みはありませんか?

堺パートナーズ法律事務所に依頼するメリット

賃借人にとって賃借物件は生活の基盤そのものですから、貸主の一方的な都合で突如退去を求められたとしても「正当事由」がない限りは退去に応じる必要はありません。その正当事由の有無の補完材料として、賃借人は、立退料の支払いを賃貸人に求めることが可能です。
堺パートナーズ法律事務所では、明け渡し請求に関しても多くの実績がありますので、お気軽にご相談ください。

また、賃貸人側の相談も承ります。
家賃滞納や迷惑行為を行なう住人への対処が遅れると、滞納家賃の回収が不可能となったり、他の入居者が転居することにより空室が生じるなど、賃貸経営に重大な損失が生じる可能性があります。そうした被害が大きくなる前に食い止め、迅速に賃貸物件を正常なサイクルに戻すことを心がけています。
トラブルを事前に防ぐため、入居申込時に行われる審査の際に、賃借人の経済的信用や生活実態について十分な調査を行うよう心掛けることはもちろん重要ですが、すべてを把握することは不可能というのもまた実情です。やむを得ず、入居後に賃貸トラブルが発生した場合には、すぐに弁護士にご相談ください。
堺パートナーズ法律事務所にご依頼いただくことで、直接交渉によるストレスを回避し、法的に正しい解決を行うことが可能になります。

pagetop